【Next.js】Next.js 14へのアップグレード

備忘録

Nex14がリリースされた(【和訳】Next.js14のリリースで、Server ActionsがStableになったらしい)ので、アップグレード手順をメモっておきます。
完全なる備忘録です。

新規プロジェクトの場合はいつもどおりの以下コマンドのよる作成で良い。

(npm利用している場合の例)

npx create-next-app@latest

既存プロジェクトの場合は以下。

公式(https://nextjs.org/docs/pages/building-your-application/upgrading/version-14)の和訳(GPT使用)

バージョン14
13から14へのアップグレード
Next.jsバージョン13にアップデートするには、好みのパッケージマネージャーを使用して以下のコマンドを実行してください:

npm i next@latest react@latest react-dom@latest eslint-config-next@latest
yarn add next@latest react@latest react-dom@latest eslint-config-next@latest
pnpm up next react react-dom eslint-config-next --latest
bun add next@latest react@latest react-dom@latest eslint-config-next@latest

知っておくべきこと:TypeScriptを使用している場合は、@types/react と @types/react-dom も最新バージョンにアップグレードすることを確認してください。

v14の概要
最低限必要なNode.jsのバージョンが16.14から18.17に引き上げられました。16.xはライフサイクルの終わりに達しています。
next exportコマンドは、output: ‘export’の代わりに非推奨となりました。詳しくはドキュメントを参照してください。
next/serverからのImageResponseのインポートはnext/ogに名前が変更されました。コードを安全かつ自動的にリネームするためのcodemodが利用可能です。
@next/fontパッケージは、組み込みのnext/fontの代わりに完全に削除されました。コードを安全かつ自動的にリネームするためのcodemodが利用可能です。
next-swcのWASMターゲットが削除されました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました