【GPT】忙しい人のためのGPT4-Turbo

備忘録

【GPT】突然GPT4-Turboが生えてきたので、とりあえず公式ブログを全文和訳
にて、公式ブログを全文和訳しましたが、ごちゃごちゃしてるので、GPTに短く簡潔に要点だけまとめてもらいました。
・2023年4月までのデータを持っていること。
・GPT-4 Turboは、APIにgpt-4-1106-previewを指定することで使える
・GPT4の8kより安い
というのは特に注目ポイントだと思います。
以下、その要点となります。

– OpenAIは新しいAI、GPT-4 Turboを発表しました。
– GPT-4 Turboはより強力で、128Kの大きな情報範囲を持っています。
– 新しいAIはコストが安く、使いやすくなっています。
– 有料プランの開発者はすぐにGPT-4 Turboを試すことができます。
– APIのアップデートで、複数の指示を一度に受け取れるようになりました。
– 新しいアシスタントAPIで、開発者はAIアシスタントアプリを作れるようになります。
– マルチモーダル機能を追加し、テキスト以外に画像や音声も扱えるようにしました。
– AIの使用料金が下がり、より多くの開発者が使いやすくなりました。
– GPT-4のカスタマイズを実験的に行うプログラムが始まりました。
– 大規模な独自データでカスタムAIモデルを作る高価なプログラムも提供しています。
– 使用量の制限を緩和し、より多くの同時リクエストが可能になりました。
– 著作権侵害の問題への対策として「著作権シールド」を導入しました。
– 音声認識モデルWhisper v3と画像生成に関する新技術をリリースする予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました