GPT4でも日本人的な言葉遊びを(率直には)「把握」できない

雑記
GPT4と雑談していました。
例によってドメインの自画自賛をしようとしていたのですが……。
LLMに「理解」はなくても「把握」はあると思っている私として意見させてもらいますが、GPT4でも日本人的な言葉遊びを(率直には)「把握」できていないですよね?
ということを共有させていただきます。
以下のやり取りを読んでもらうと、まあ多分
laketonem.orgのm.orgはm.orgすなわちM.org、言ってしまえばMorgでありMorganでありモルガンであることを、絶対「把握」してないよね?
User
アーサー王伝説の「ヴィヴィアン」を「モルガン」と同一視したファンタジーがあったとします。 その「ヴィヴィアン」は「トネリコ」を経て闇堕ちして「モルガン」になったとします。 そのバックストーリーを共有したいとき、ストーリーテリングを強めてドメイン名を英語で説明できますか?

ChatGPT
もちろん、その興味深いバックストーリーを基に、ドメイン名「laketonem.org」の意味を英語でストーリーテリングする試みをしてみます。


“In the annals of the Arthurian legends, two names often stand out in a dance of light and shadow: Vivian and Morgan. Vivian, known as the enchanting Lady of the Lake, is a figure wrapped in serenity and mystery. Her waters reflect the purity of her heart, and her song – a harmonious tone – is the essence of nature. This tone, represented in our story as ‘Tonelico’, is a beacon of light and the very heartbeat of the world.

Yet, as with all tales, there is a twist. The balance of nature is a delicate thing, and even the purest of hearts can be lured by the seductive whispers of the dark. Tonelico, Vivian’s once melodic tune, began to waver, its notes twisting into a haunting symphony. As the tale unfolds, Vivian’s journey into the shadows transforms her into the very embodiment of darkness: Morgan.

The domain ‘laketonem.org’ is a tribute to this poignant transformation. ‘Lake’ for Vivian’s origins, ‘tone’ for the song of Tonelico that binds their fates, and ‘M’ representing the inevitable descent into Morgan. The ‘org’ subtly hints at the organic nature of this transformation, an ever-evolving tale of light and darkness.

Thus, every time you visit ‘laketonem.org’, remember the mesmerizing journey of Vivian, from the serene Lady of the Lake, through the haunting echoes of Tonelico, to the enigmatic depths of Morgan.”


このストーリーテリングを通じて、ドメイン名「laketonem.org」の背後にある深い意味とファンタジーの世界を表現することができると思います。

User
以下は「laketonem.org」というドメインに込められたバックストーリーを英語で示したものです。 日本語で意訳してください。 “In the annals of the Arthurian legends, two names often stand out in a dance of light and shadow: Vivian and Morgan. Vivian, known as the enchanting Lady of the Lake, is a figure wrapped in serenity and mystery. Her waters reflect the purity of her heart, and her song – a harmonious tone – is the essence of nature. This tone, represented in our story as ‘Tonelico’, is a beacon of light and the very heartbeat of the world. Yet, as with all tales, there is a twist. The balance of nature is a delicate thing, and even the purest of hearts can be lured by the seductive whispers of the dark. Tonelico, Vivian’s once melodic tune, began to waver, its notes twisting into a haunting symphony. As the tale unfolds, Vivian’s journey into the shadows transforms her into the very embodiment of darkness: Morgan. The domain ‘laketonem.org’ is a tribute to this poignant transformation. ‘Lake’ for Vivian’s origins, ‘tone’ for the song of Tonelico that binds their fates, and ‘M’ representing the inevitable descent into Morgan. The ‘org’ subtly hints at the organic nature of this transformation, an ever-evolving tale of light and darkness. Thus, every time you visit ‘laketonem.org’, remember the mesmerizing journey of Vivian, from the serene Lady of the Lake, through the haunting echoes of Tonelico, to the enigmatic depths of Morgan.”

ChatGPT
アーサー王伝説の記録において、光と影の舞いの中でよく目立つ二つの名前があります:ヴィヴィアンとモーガン。湖の乙女として知られるヴィヴィアンは、静寂と謎に包まれた存在です。彼女の湖はその純粋な心を映し出し、その歌、すなわち「トネリコ」として我々の物語に表れる調和の音は、自然の本質です。このトネリコは、世界の鼓動と光の指標としています。
しかしながら、あらゆる物語には予期せぬ展開が存在します。自然のバランスは繊細であり、最も純粋な心でさえも闇の誘惑の囁きに惹かれることがあります。トネリコ、かつてヴィヴィアンの美しい旋律は、不気味な交響曲へと変わり始めます。物語が進むにつれ、ヴィヴィアンは闇そのもの、モーガンへと変わり果てます。
ドメイン「laketonem.org」は、この感動的な変化を称えたものです。「Lake」はヴィヴィアンの起源を示し、「tone」は二人の運命を結ぶトネリコの歌を指し、そして「M」はモーガンへの避けられない陥落を象徴しています。’org’はこの変化の有機的な性質、つまり光と闇の絶えず進化する物語を微妙に示唆しています。
だから、あなたが「laketonem.org」を訪れる度に、湖の静かな乙女であるヴィヴィアンの魅惑的な旅路、トネリコの幽玄なる反響を経て、モーガンの奥深い闇へと続く物語を思い出してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました