【備忘録】GitHubへのローカルリポジトリのプッシュ手順

備忘録

せっかくGitHubを使い始めたので、GPTにまとめさせて備忘録としておきます。

目次

  1. GitHubで新しいリポジトリを作成
  2. ローカルリポジトリの準備
  3. リモートリポジトリの追加
  4. ローカルの変更をステージに追加
  5. 変更をコミット
  6. プッシュ
  7. 確認

1. GitHubで新しいリポジトリを作成

  1. GitHubにログインします。
  2. 右上の「+」ボタンをクリックして、「New repository」を選択します。
  3. リポジトリ名、説明、公開設定(Public/Private)を入力します。
  4. 「Create repository」ボタンをクリックしてリポジトリを作成します。

2. ローカルリポジトリの準備

  1. ローカルリポジトリのディレクトリに移動します。
  2.     Windows: C:\> cd [ローカルリポジトリのパス]
        Mac/Linux: $ cd [ローカルリポジトリのパス]
        
  3. Gitが初期化されていない場合、以下のコマンドで初期化します。
  4.     Windows: C:\> git init
        Mac/Linux: $ git init
        

3. リモートリポジトリの追加

  1. GitHubで作成したリポジトリのURLをコピーします。
  2. ローカルで以下のコマンドを実行し、リモートリポジトリとして追加します。
  3.     Windows: C:\> git remote add origin [コピーしたURL]
        Mac/Linux: $ git remote add origin [コピーしたURL]
        

4. ローカルの変更をステージに追加

Windows: C:\> git add .
Mac/Linux: $ git add .

5. 変更をコミット

Windows: C:\> git commit -m "初めてのコミット"
Mac/Linux: $ git commit -m "初めてのコミット"

6. プッシュ

Windows: C:\> git push -u origin master
Mac/Linux: $ git push -u origin master

注: masterの部分は、使用しているブランチ名によってはmainやその他の名前に変わる場合があります。適切なブランチ名を指定してください。

7. 確認

GitHubのリポジトリページをリフレッシュして、変更が正しくプッシュされているか確認します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました